【龍桜義塾】――開校準備中です

【現実】これが中学生の語彙力だ。

おはようございます!

さいたま市大宮区か、北区で高校受験専門塾を開校予定の龍桜義塾です。

 

国語の授業で“マジカルバナナ”を始めたぞ!

なんそれ?

 

“マジカルバナナ”って、コレね。

 

 

ある単語から連想する言葉を紡いでいくゲーム。

 

これ、語彙力を鍛えるのにとても利点があるのです。

 

まず、頭を使う

 

脳みその引き出しを開けまくって言葉を探すからね。

 

次に、言葉の性質を意識するようになる。

 

たとえば、比喩(直喩・隠喩・擬人法)を使うとき

共通した性質(大きさ・色・形・働き等)のモノにたとえなければならないからね。

 

言葉の性質を理解していないと、その共通性がわからず

マジカルバナナで紡げないのです。

 

さいごに、頭の中の可視化です。

 

覚えているつもりでも、アウトプットできない……よくあることです。

できているつもりでも、点数がとれない……よくあることです。

 

だからこそ、可視化することで現状自分が使える語彙力を確認できるのです。

 

これがゲーム感覚で出来る。

 

え? “マジカルバナナ”最強じゃね?

 

今日は「科学」から始めて、6分間!

どうでしょうか。

 

これが今現在、ボクの担当している中学2年生の語彙力です。

やはり、勉強が苦手な生徒はアウトプットできる語彙力が少ないですね。

龍のごとく連なってまとめる子。

整理しながら、派生させて繋げていく子。

とにかく楽しみながら6分間で書けるだけ書く子。

 

様々です。

 

だからこそ、面白い。

 

彼ら、彼女らの頭のなか、趣味・嗜好を垣間見ることができるからです。

 

ある塾長先生はこれを見て、

 

「ピンクからリトマスは良いね」とおっしゃっていました☆彡

 

子どもの発想力は、様々なことに気づかせてくれて

本当に面白い。

 

そして、

全員 嬉々として競いながらやってくれました。(マジで

 

初回でよく書けたよ、ここまで。

 

えらい!

 

 

このブログを見られている保護者の方々。

 

どう感じました?

 

ウチの子は大丈夫。

語彙力はあるほうだ。

 

本当に?

 

一度、やってみてください。

 

“マジカルバナナ”

 

しかし、

 

たとえ、全然できなくても

 

ガッカリした顔をしたり、絶望したり、叱ったりしてはいけません。

 

受け止めるのです。

 

現状を受け止めてから、「どうすればいいのか」「どうしたいか」を考え、子どもと相談し、行動をとるのです。

 

理想で子どもを潰すのは愚の骨頂です。

 

大丈夫。

 

まだ時間はあります。

 

読書、音読、マジカルバナナを毎日行っていけば

 

大丈夫なんですよ。

 

やればできる。できるよ、やれば。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしたら面白いかもよ?
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次