【龍桜義塾】――開校準備中です

ノートは“〇〇”であーる!

おはようございます!

さいたま市の大宮区か北区か見沼区で高校受験専門塾を開校予定の龍桜義塾です。

 

子どもの勉強に関して困っている

 

保護者の皆様。

 

ママさん。

パパさん。

 

一度、子どものノートを見てみましょう。

 

 

ノートを見れば、

 

何が原因なのかが、わかるはずです。

 

なぜなら、

ノートは、勉強の結果……つまり、その子の日頃の勉強に対するやり方・姿勢が表れるものだから。

 

字は汚いですか?

落書きが多いですか?

誤字脱字ばかりですか?

間違った情報を書いていませんか?

 

ノートとは、脳の中身とスムーズにアクセスしているかが分かるモノ。

 

“脳図”(のうと)なのです!

 

その子の勉強の理解・姿勢の縮図なのです!

 

 

実際に……これは男子生徒に多いのですが、

 

1冊のノートを、5教科の授業で使っている。

 

しかも、

 

授業板書・演習も、そのノートで対応している。

 

おおかた……

 

生徒「あ、数学のノート忘れたので、国語のノート使ってもいいですか?」

講師「なにやってんだよー。しょうがないなー」

生徒「てへぺろ」

 

こんなやり取りのあと、そのままなし崩し的に、あらゆる教科で万能に使ってきたのでしょう。

 

いいですか?

 

そんなノートの使い方をしていて、学力が向上した生徒は見たことがありません!

 

勉強に対する“だらしなさ”が脳図(ノート)を通して見えるからです!

 

勉強の基本は、情報の整理整頓!

 

ノートは、もう一度見返したときに、必要な情報がいつでも取り出せるツールであるべきだ!

 

 

この記事を書く参考にさせていただいた

調布市仙川の個別指導塾「生徒派」「花塾」の代表、草下靖也先生に感謝します。ありがとうございました。

個別指導塾「生徒派」(http://www.seitoha.net/index.html

化学専門予備校「花塾」(https://hanajuku.net/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしたら面白いかもよ?
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次